イギリスにある国立ペニースロットマシン博物館について

博物館は過去の歴史を保存し、過去の偉大な歴史を私たちに教えてくれます。異なる時代や産業で鍵となった重要な物事を保存し、博物館には非常にユニークなものもあります。例えば、その一つがペニースロットマシン博物館です。

しかし、これは驚くことではありません。なぜなら、世界は常にギャンブルを好み、人々は高い報酬を獲得するために犯すリスクを楽しんでいるからです。ですので、この博物館は存在価値があり、とても魅惑的です。現在のギャンブル産業はほとんどがオンラインサービスに切り替わっていることはご存知かと思います。この博物館は、過去から現在までの歴史を思い出させてくれます。

国立ペニースロットマシン博物館

国立ペニースロットマシン博物館は、1979年にジョン・ヘイワードとクライヴ・ベイカーによって設立されました。ヘイワードはパフォーマーであり、古いアーケードマシンやマジック品、オートマタなど、様々な物のコレクターでもあります。そのヘイワードとベイカーが、この博物館を開くことを思いついたのです。彼らは、自分たちのコレクションをかき集め、それらを保管・展示するための場所を作りました。

当初、国立ペニースロットマシン博物館は、ブリストルに近いWeston-Super-Mareの旧Birnbeck Pierに所在していました。しかし、この場所には来館者が少なく、移転することになりました。移転先は人気の高い Brighton Pierになり、PIerhead’s Theatreの中に博物館をオープンさせました。

Brighton Pierの再開発計画の一環として劇場の建物が取り壊される1980年代まで、その場所に博物館がありました。1986年、博物館は海辺に移され、「The Old Penny Palace」となりました。

国立博物館が2つある?

ところが同じ時代、国立ペニー博物館が別の場所にもありました。この博物館はサウスポートに移転したようです。ジョンとクライブのコレクションを分けるためだったかもしれません。ジョンはブライトンに残り、クライブはサウスポートにコレクションを移動させたようです。サウスポートの博物館では 「国立ペニースロットマシン博物館」という名前が残っているようですが、ブライトンはこれまでに博物館の名前を何度も変えてきました。

サウスポート

サウスポートピア博物館には最終的に100台のマシンが集まりましたが、その後分割されることになりました。その理由は、この博物館の運営権を他の会社に引き継いだ時に起こった問題です。多くのマシンはポーツマスのサウスシー、ベイジングストークのマイルストーン博物館に移されました。ブラックプールのノースピアには35台のマシンが移されました。その後、サウスポートの新しい運営会社が、その場所に小規模のペニースロットマシンのコレクションを設置しました。